第7話:ドギー&スクランブル


脚本: 高山カツヒコ
絵コンテ: ワタナベシンイチ
演出:小野田雄亮
作画監督: 藤原未来男、古谷梨絵、水野隆宏、古川英樹

文芸部の夏目真尋はミニコミ誌の原稿を書き終え、図書室で自分の小説を書いていた。
小学生の頃から少しづつ書いている小説で何度も推敲、書き直しを繰り返していたが行き詰っていた。
その様子を見ていた村上文緒は私に読ませてほしい、と提案をする。
その後の文緒の行動と、真尋の小説の結末は??